どれが良いか迷ったら

栄養補助食品

原材料もいろいろ

DHAやEPAは中性脂肪を下げるために必要な成分とされており、脂質異常症と診断される方が増えている日本では注目される成分であると言えるでしょう。DHAやEPAはイワシやサバなどの青魚に多く含まれています。サプリとして抽出されているDHAやEPAそのものは青魚アレルギーの方でも問題なく摂取することはできるのですが、原材料をしっかりチェックして気になるものがある場合は医師に相談してみることをおすすめします。DHAやEPAのサプリはたくさんの商品があるので比較するのも大変と感じるでしょう。サプリは毎日摂取したいものなので、添加物などの有無も気になるところではないでしょうか。それぞれのサプリの特徴を簡単に比較できるサイトも活用してサプリ選びの指針としましょう。

魚由来では注意が必要

DHAやEPAのサプリの特徴を比較してみると、水銀についての表記があることに気づく方もいるでしょう。海に住んでいる魚は体に水銀や鉛など有害物質を蓄積していることがあります。成人であれば食事で魚を食べる範囲であればさほど気にすることはありませんが、妊娠中や授乳中の方は気をつける必要がありますのでそれぞれの商品を比較して調べてみましょう。またサプリという形で毎日摂取する場合も、魚を食べる時よりも有害物質については気にしたいものです。サプリを製造する際に魚の持っている有害物質を徹底的に排除していることを謳う商品もあります。ただし日本で普通に購入できるサプリメントは基本的に人体に有害となるレベルで有害物質が含まれているということはまず無いので、国内のものであればそれほど心配は要らないでしょう。