今後の動向や人気の理由

海藻

モズクの中に含まれている成分が、抗がん作用を持っているということを聞いたことがある人はいるでしょう。これはモズクの中に含まれているフコイダンという成分に、抗がん作用があるのではということがある学会で発表されたことに由来します。フコイダンは水溶性食物繊維の一種であるため、おなかの調子を整えたりコレステロールを下げる効果が期待できることは良く知られていました。しかし研究が進められるうちに、活性化したがん細胞を自滅に導く働きがあるのではないかと考えられるようになりました。そして先述の通り学会で発表されたことで、フコイダンの効果について世間で一躍脚光を浴びるようになりました。今後も研究が進むにつれて、フコイダンの効果について新しいことが分かる可能性があります。そしてますます注目される食品となるでしょう。

フコイダンが注目を集めたのは、抗がん作用を持つのではないかと言われたからです。実際に、がんの代替医療としても用いられることがあるようです。またフコイダンが人気になったのは、がんに対する効果があるからだけではありません。美容効果にも役立つ成分であることも、人気に拍車をかけた一つの要因となっているようです。特に髪の毛のケアについての効果について注目が集まっています。フコイダンには、健康的な髪を作るために必要な毛母細胞作るアミノ酸などの栄養素が含まれていることが示されました。それによって毛母細胞の再生能力を高めることが期待されています。さらにフコイダンには保湿効果が高いことが分かっていて、直接頭皮に塗ると効果が出てくるのではないかとも言われています。今後もフコイダンの効果から目が離せませんね。