デリケートな時期だから

オレンジ色のカプセル

病院で治療する

日本女性の平均的な閉経年齢は51.5歳で、これを挟んだ前後10年間を一般に更年期といいます。閉経という大きな体の変化を伴うこともあって、この時期は心や体に様々な不調が現れやすくなり、それらをまとめて更年期障害と呼んでいます。更年期障害は、閉経の影響で女性ホルモンの分泌が減少し、そのため自律神経の調整がうまくいかなくなり心身の不調という形で現れるのです。そこで、足りなくなった女性ホルモンを外から補充すれば、これらの不調の改善が図られると考えられています。この治療がホルモン補充療法であり、病院の婦人科や更年期外来で行われています。ホルモン補充療法は更年期障害を根本から治療するものであり、また保険診療であることから経済的な負担が少ないという女性にとって有益な治療法です。

人気が高い改善方法

ホルモン補充療法は有益な治療方法ですが、体質や既往症によっては乳癌のリスクが高まる可能性があることから、受けられなかったりあえて避けるという人も少なくないとされています。そこで、リスクが少ない改善方法として人気が高いのがサプリメントの摂取です。更年期障害に効果的なサプリはいくつかあげられていますが、最も人気が高いのが大豆イソフラボンのサプリです。大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た作用があり、中でもホットフラッシュと呼ばれるのぼせやほてり等の症状に高い効果を示すと言われています。この他では、プラセンタのサプリも人気です。プラセンタには、ホルモンを調整する内分泌調整作用と自律神経調整作用が期待できると言われています。また、プラセンタにはアンチエイジング効果も期待できるとされ、健康面だけでなく美容面の効果が高いサプリとして知られています。